安全マネジメント

運輸安全マネジメントの取り組みについて

東海共栄サポートでは、2011年より「運輸安全マネジメント」を導入しています。 輸送の安全を確保するために、以下のとおり社員一丸となって取り組んでいます。

安全運転についての公表資料

東海共栄サポートの「輸送の安全性の向上のための基本方針」を公表いたします。

安全衛生方針

お客様の信頼いただける輸送の安全は、経営の根幹であり、従業員の安全と健康は企業活動に重要であることから、一人ひとりの協力を得て事故・災害のない明るい職場づくりに邁進します。また、企業の社会的責任完遂のため、事業運営に伴う関係法令を厳守して、安全水準の向上に向けて継続的な活動を行います。

目標

(1)安全への取組
    1.アルコールチェッカーの使用と日々の管理
    2.ヒヤリハット情報収集と分析
    3.リスクアセスメントの実施
    4.役員による運行前点呼立会い
(2)安全教育・研修
    1.運転適性診断結果による指導
    2.運転者への添乗指導
    3.新人・高齢・事故惹起者への教育
    4.定期的な乗務員ミーティング
(3)チェックの実施
    1.点呼及び点検整備のチェック
    2.リスク管理の実施
    3.ドライブレコーダーによる映像確認
(4)健康の増進
    1.定期及び特殊健康診断の実施
    2.運行前後の対面点呼による健康状態確認の実施
(5)年間行事・その他
    1.交通安全ミーティング(4月・12月)
    2.無事故・無違反特別表彰(5年・10年)
    3.4S活動

安全報告書